客土吹付工

植生による法面保護工の1つで、法面の土壌硬度が高く、種子散布(吹付)工では発芽が望めない箇所に施工します。
種子散布(吹付)工の使用材料に、緑化基盤材(バーク堆肥)が追加されます。
使用機械は同じですが、吹付厚が1cm~3cmで吹付けます。
種子の配合は、土壌 土質 風土 気候などを考慮し決定します。
一般的に種子散布(吹付)工よりも高い発芽率が望めるとともに、法面表面の浸食(エローション)防止にもなります。

代表的な草

  • トールフェスク
  • クリーピングレッドフェスク
  • ホワイトクローバー
  • バミューダグラスなど
施工方法 主にポンプを用いて高粘度スラリー状の材料を厚さ1~3cmに吹付ける。
材料 基材 現地発生土、砂質土、バーク肥料、ピートモス等
浸食防止剤
又は接合剤
高分子系樹脂、合成繊維等
種子 草本類、木本類
肥料 緩効性肥料(山型)※1、PK化成肥料※1、高度化成肥料(草本導入時)
補助材料 繊維網、金網等
適用条件 耐降雨強度 10mm/hr程度
期間 1~2ヶ月程度(この期間は、導入した植物が発芽・生育するまでを想定している)
地質 主に土砂(土壌硬度23mm以下)、及び礫質土の盛土法面に用いる。
勾配 1:0.8より緩勾配※2
備考
  • 吹付厚は、緑化目標や適用条件により設定する。
  • 緑化目標により、遷移を進めるための除伐や追肥等が必要となる場合がある。
  • 種子の代わりに森林表土を用いる表土利用工や、伐採木や抜根材等の建設副産物を有効利用することが可能である。
参考図 客土吹付工
  • ※1:山型肥料とは N(窒素):P(リン):K(カリウム) の配合が N<P>K となっているもので、PK化成肥料はNがほとんどないものをいう。
  • ※2:地質、気象、使用植物、浸食防止剤により適用範囲は多少の差異が生じる。