植生(厚層)基材吹付工のご説明。

法面工事 植生(厚層)基材吹付工

植生による法面保護工の1つで、
法面の整形・清掃を行った後、ラス金網を張り付け、
その上に基盤材、接着剤、種子、肥料を吹付機に投入、
攪拌装置内で均等に練り混ぜて、
コンプレッサーの圧縮空気で搬送し、
所定の長さ(3cm〜10cm)に一度に吹付けます。

土壌粘土の高い硬質土、軟岩、硬岩等の、
根の生育が期待できない法面等に吹付けを行えて、
従来植生不可能であった法面で、
法面保護、景観、自然保護のために、
緑を蘇らせることを可能にした工法です。

植物が必要な養分等を自然補給されるようになるまでの養分を蓄えた、
緑化基盤材で法面を被覆することにより、
植物を生育させて法面の安定化・自然化を促進します。

植生(厚層)基材吹付工 事例

法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工 法面工事 植生(厚層)基材吹付工

植生(厚層)基材吹付工 詳細情報

法面工事 植生(厚層)基材吹付工

• 代表的な種子

・トールフェスク
・クリーピングレッドフェスク
・バミューダグラス
・ヨモギ
・メドハギ
・ヤマハギ
・ヤシャブシなど



施工方法 ポンプまたはモルタルガンを用いて材料を厚さ3〜10cmに吹付ける
材料 基材 現地発生土、砂質土、バーク肥料、ピートモス等
浸食防止剤
又は接合剤
高分子系樹脂、セメント、合成繊維等
種子 草本類、木本類
肥料 緩効性肥料(山型)、PK化成肥料、高度化成肥料(草本導入時)

※山型肥料とは N(窒素):P(リン):K(カリウム) の配合がN<P>Kとなっているもの

※PK化成肥料はNがほとんどないもの

補助材料 繊維ネット、金網、吹付法枠、軽量法枠、連続長繊維補強土工等
適用
条件
耐降雨強度 10〜100mm/hr程度
※植生基材や接合剤の種類と使用量により異なる
期間 1〜10年程度
※植生基材や接合剤の種類と使用量により異なる
地質

主に土砂(土壌硬度23mm以下)、礫質土、及び岩等の法面に用いる

勾配 1:0.5(木本類を用いる場合は1:0.6)より緩勾配主に切土法面に用いる

※地質、気象、使用植物、浸食防止剤により適用範囲は多少の差異が発生

備考

・吹付厚は、緑化目標や適用条件により設定する。

・緑化目標により、遷移を進めるための除伐や追肥等が必要となる場合がある。

・種子の代わりに森林表土を用いる表土利用工や、伐採木や抜根材等の建設副産物を有効利用することが可能である。

法面工事 植生(厚層)基材吹付工


PAGE TOP