植生シート工

法面工事 植生シート工

植生による法面保護で、主に盛土法面に使用されます。
植生シートは保湿性のある、
不織布、綿、紙、わら、フェルト等に、
種子、肥料を仕込みポリエチレン製のネットで、
保護しロール状に仕上げたものです。

平滑に仕上げた法面にシートが浮き上がらないように
アンカーピン、釘、竹串等でシートを固定させ、
法面を保護し、早急に法面を緑化させる工法です。

植生シート工 事例

法面工事 植生シート工 法面工事 植生シート工 法面工事 植生シート工 法面工事 植生シート工 法面工事 植生シート工 法面工事 植生シート工 法面工事 植生シート工 法面工事 植生シート工

植生シート工 詳細情報

施工方法 全面に張り付け、目串等で固定する
材料 基材 種子、肥料等を装着したシート状のもの
植物 外来、在来草本類の種子
肥料 化成肥料
補助材料 目串、止め釘、播土または目土
耐浸食性 高い
適用
条件
地質 粘性土(土壌硬度23mm以下)
砂質土(土壌硬度27mm以下)
勾配 1:1.5より緩勾配
備考

・吹付厚は、緑化目標や適用条件により設定する。

・緑化目標により、遷移を進めるための除伐や追肥等が必要となる場合がある。

・種子の代わりに森林表土を用いる表土利用工や、伐採木や抜根材等の建設副産物を有効利用することが可能である。



PAGE TOP