植生マット工

植生マット工

植生による法面保護工の1つで、
主に切土法面に使用される。
植生マットは保湿性のある不織布、綿、紙、
ヤシ繊維、フェルト等に、種子、肥料を仕込み、
ポリエチレン製のネット、
金網で保護しロール状に仕上げたもの。

一般的に植生シートよりも強固に作られています。
植物の生育を促進させるために肥料等を含んだ袋状の
肥料袋を等間隔に装着したものもあります。

平滑に仕上げた法面にシートが浮き上がらないように
アンカーピン、釘、竹串等でマットを固定させ法面を安定させる工法です。
浸食(エロージョン)防止など施工後直ちに法面保護の効果が期待できます。

植生マット工 事例

植生マット工 植生マット工 植生マット工
植生マット工 植生マット工 植生マット工
植生マット工 植生マット工 植生マット工
植生マット工 植生マット工 植生マット工
植生マット工 植生マット工 植生マット工
植生マット工 植生マット工 植生マット工
植生マット工 植生マット工 植生マット工
植生マット工

植生マット工 詳細情報

植生マット工
施工方法 法面全体に展開し、アンカーピン、止め釘等で固定する
材料 形態

・種子や肥料等を直接付けたネット(合成繊維、ヤシ繊維等)に間隔をもたせて肥料袋を装着させたもの。


・ネット(合成繊維、ヤシ繊維等)に種子、肥料、植生基材等を封入した基材袋を間隔をできるだけ空けずに装着した厚みのあるマット状のもの。

植物 木本類の種子、外来・在来草本類の種子
肥料 化成肥料
補助材料 目串、アンカーピン、止め釘
耐浸食性 高い
適用
条件
地質 粘性土(土壌硬度23mm以下)
砂質土(土壌硬度27mm以下)
硬質土砂、岩(植生基材入りのもの)
勾配 1:0.8より緩勾配

※地質、気象、使用植物、浸食防止剤により適用範囲は多少の差異が発生

備考 マットを法面にできるだけ密着させる必要がある


PAGE TOP